過去は過去、未来に夢を

我々の生活は毎日進歩する。嫌な日も時が流してくれる、明日に向かって進んで行こう。

「コツコツやる」さえ守ればお小遣いが確実に貯まる“信頼できる無料アプリ”7選 「日常の不満」を書くだけでOKなアプリも

f:id:Kazu68:20200525094209j:plain

画像はイメージです

深刻なコロナ禍の影響を受けて、これから景気が後退していくことは間違いなさそうです。そんな今だからこそ、利用するだけでポイントが貯まるアプリを知っておくのがオススメ。コツコツとポイントを稼ぐことで、厳しくなっていく家計を少しでもラクにできるのではないでしょうか。

とはいえ、お小遣いアプリは詐欺っぽいものも多くあるため、ここではメジャーな企業が運営していたり、サービスを長く続けている老舗だったり、ある程度の安心感がある無料アプリに絞って紹介していきます。ちなみに、ポイントを貯めるというシステムのため、基本的に会員登録は必要なので、その点については自己責任でお願いします。

1、楽天スーパーポイントスクリーン

[開発者]Rakuten, Inc.

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

大手企業の楽天グループ運営で、ポイ活アプリとしては定番中の定番です。アプリに掲載されている記事や商品ページを見るだけで楽天スーパーポイントがもらえるシステムのため、煩わしい作業を必要としないのが大きなメリット。楽天IDを保有しているなら絶対に持っておきたいアプリです。

2、楽天リーベイツ

[開発者]Rakuten, Inc.

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

こちらも楽天グループ運営で、アプリを経由してショッピングすることで最大20%の楽天スーパーポイントの還元を受けられます。ショップ数は600以上で、ユニクロJALなど、楽天市場にないショップで楽天スーパーポイントがもらえるのがキモ。楽天スーパーポイントは使い勝手がよく、還元されたらすぐに、しかも少ないポイントからでも使えます。

3、マクロミル

[開発者]MACROMILL, INC.

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

アプリから送られてくるアンケートに答えることでポイントがもらえます。ポイントの交換先はAmazonギフト券、TポイントやPexなどの各種ポイントのほか、ラインナップは多彩。最低交換ポイントは「500P~」で、初回のみ「300P」で交換できます。マーケティングリサーチの企業としてはメジャーなマクロミル運営なのも安心です。

4、dヘルスケア

[開発者]株式会社NTTドコモ

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

NTTドコモが運営する健康管理アプリで、dポイントを貯めることができます。ウォーキングで目標歩数をクリアしたり、体重を記録することでポイントを提供。筆者も利用していますが、目標達成でポイントを貰えたり、ポイントが当たる抽選に参加できたり、毎日使っていると結構なポイントが貯まります。dポイントも楽天ポイントと同様に利用しやすいので、dポイントユーザーはぜひスマホに入れておきましょう。

5、グノシー

[開発者]Gunosy Inc.

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

クーポンがもらえるニュースアプリとして有名ですが、実はアンケートでポイントがたまるサービスを利用できます。アンケートページに飛ぶには、ページ上段にある「アンケート」のタブをクリックするか、右下にある四角が4つ並んだボタンを押してアンケートアイコンしましょう。いろいろなアンケートが並んでいるので、好きなものをクリックして回答すればOK。1アンケの報酬はAmazonギフト券「1~10円」で、回答してから一定期間後にまとめて付与されます。アンケは短くサクッとこなせますが、報酬額は低いのでコツコツと続けられる人向きです。

6、Shufoo

[開発者]ONE COMPATH CO., LTD.

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

さまざまな地域の「ちらし」を閲覧できるちらしアプリの最メジャー。アプリの立ち上げやちらし閲覧などで「シュフーポイント」がもらえて、さまざまな賞品が当たる懸賞応募に利用できます。懸賞なので絶対にもらえるわけではありませんが、ちらしの確認ついでにコツコツと応募してみては?

7、不満買取センター

[開発者]Fuman Kaitori Center inc.

[OS]AndroidiOS

[価格]無料

日常のさまざまな不満をアプリに書いて送るだけで、ポイントが付与されるシステム。運営会社は大手ではありませんが、サービス自体はけっこう長く続いています。ポイントは不満の内容をAIが査定して(通常4日程度)、「1~10ポイント」が付与されます。また、1ポイント1円相当として、500ポイントからAmazonギフト券(他時期で変動)に交換可能。ちなみに最大50ポイントが付与される「高額買取キャンペーン」も不定期に開催されています。

大儲けできるわけではありませんが、手軽にコツコツとお小遣いを稼げるのがポイントアプリの魅力。〝巣ごもり〟のちょっとした時間にぜひお試しあれ。

在宅勤務時に仕事モードとプライベートモードを切り替えるにはどうすればいいのか?

f:id:Kazu68:20200524215110j:plain

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を機に在宅勤務を導入した人も多いはずですが、「自宅で仕事をしていると仕事とプライベートの切り替えが難しい」と感じている人もいます。そこで、イギリス・バーミンガムにあるアストン大学で組織心理学の講師を務めるWladislaw Rivkin氏が、仕事とプライベートの切り替えの重要性と、在宅勤務時に仕事モードとプライベートモードを切り替えるヒントについて解説しています。

f:id:Kazu68:20200524215158p:plain

Rivkin氏はCOVID-19の流行以前から在宅勤務を行っていたそうで、友人からはよく「朝からジンを飲んで、パジャマのまま仕事をしているんじゃない?」といったジョークを言われていたとのこと。しかし、COVID-19のパンデミックによって多くの人々が在宅勤務を余儀なくされた人々の中には、「在宅勤務は想像していたような優雅なものではなく、自宅で仕事をするのは大変だ」と実感した人も多いとRivkin氏は指摘。

オフィスなどの環境は多くの従業員にとって効率的に仕事ができるように作られていますが、自宅は一般的にプライベートのための空間です。そのため、自宅で仕事をする上では仕事と関係のない思考や行動、感情を抑制する高度な自己制御能力が必要とされます。Revin氏によると、自宅で仕事をするために必要な自己制御能力は、ダイエット中にチョコレートバーを食べるのを控えたり、マラソン大会に向けてトレーニングを欠かさず行ったりするときの自己制御能力と似ているとのこと。

 自己制御はキャリアの成功や安定した人間関係といったメリットをもたらしますが、Rivkin氏は自身が2016年に発表した(PDFファイル)研究で、あまりに厳格な自己制御を強いることはメンタルヘルスや幸福度に悪影響を及ぼす可能性があると明らかにしています。心理学者らは自己制御が精神的な負担になる理由について、筋肉を使うと肉体が疲労するのと同様に、自己制御を行うことは精神的なエネルギーを消費するからだと主張しているそうです。

在宅勤務をするには、新たなテクノロジーやコミュニケーション形態の変化に適応し、家族やペット、日常の家事といった気を散らす物事に抵抗し、その気になればいつでも自由に外へ出られるという誘惑に打ち勝つ必要があります。しかし、在宅勤務をするには厳しい自己制御を課さなくてはならない一方で、自己制御は精神的なエネルギーを消費してしまうという問題があるとRivkin氏は指摘しました。

f:id:Kazu68:20200524215302j:plain

Rivkin氏は、「精神的エネルギーを補充して自己制御の悪影響を軽減する重要な要素は、『心理的分離』と呼ばれるものです」と解説。心理的分離とは、休みの時には精神的に仕事のスイッチをオフにすることを意味しており、仕事に関する全ての活動と思考をしないことが要求されます。たとえばオフィスで仕事をしている場合、「仕事を終えた後にオフィスの外に出る」という行為が心理的分離の役に立ちますが、在宅勤務時にはこの切り替えが困難になってしまうとのこと。

そこでRivkin氏は、在宅勤務時に心理的分離を実現するためには「作業時間とそれ以外の時間を積極的に管理すること」が重要だと考えています。リモートワーカーはオフィスワーカーと比較して長時間労働する傾向があるため、あえて仕事に関するコミュニケーションを遮断し、集中力を必要とする趣味に没頭するなどして、仕事とプライベートの境界線を明白にすることが役立つとRivkin氏は主張しています。

f:id:Kazu68:20200524215350j:plain

また、Rivkin氏は在宅勤務時の精神的健康と幸福を高める上で重要な、10個のヒントを挙げています。

◆01:邪魔が入らない専用の作業場所を確保する。
◆02:集中して作業する時間と休憩を含む仕事のスケジュールを作成する。
◆03:可能であれば、育児やペットの世話は仕事中に行わない。
◆04:メールの返信などに費やす専用の時間を確保する。
◆05:コーヒーブレイクや簡単な日常のタスクから仕事を始めるなど、シンプルなルーチンを確立する。
◆06:最初に定めた仕事や余暇の時間を厳守する。
◆07:仕事を終えるタイミングとして、「この仕事が終わったら」といった思いつきの期限を設定しない。
◆08:可能な場合は余暇を過ごす部屋と仕事をする部屋を分け、特に寝室での仕事は避ける。それが無理であれば、仕事が終わったら仕事を想起させる全てのアイテムを片付ける。
◆09:勤務時間外には、あらゆる種類の仕事に関するコミュニケーションを遮断する。
◆10:仕事の後は、運動や料理、マインドフルネス、子どもやペットとの遊びといった魅力的な活動に従事する。

f:id:Kazu68:20200524215448j:plain

一般的に、在宅勤務などの新たな環境に適応するには自己制御が必要不可欠ですが、ロックダウン中には自分の精神的なリソースが使い果たされていないかどうか、意識して確認する必要があります。仕事をしている人は心理的分離を含む体験を通じて、定期的に精神的なリソースを回復する必要があるとRivkin氏は述べました。